Home > Diary > 2008

2008 Archive

マクロスFの一般発売分チケット、数分でソルドアウト

  • 2008-10-19 (日)
  • 2008

 手も足も出なかったっすよ(T▽T)
 土曜日10:00に、満を持してPCのネット購入を試みたんですが。
 つながらなーい。つながらなーい。つながらなーい。あ、つながった!…と思ったら「枚数が確保できませんでしたー」って。売り切れー?!
 売り切れ状態を確認したのは10:03~05分ころだったような気がする。実質1、2分で完売ですよ。ほんと全然つながらなかったのに、買えた奴は一体どんな回線やらなんやらの技を使ってるのよ!
 あーあ、ほんとがっくりですよ。んで未練たらしくヤフオクをのぞいてみたら、700件くらいのオークションが。おまっ…!この糞テンバイヤーがー!!!みんな地獄におちろー!!!(ヤフオクで買う奴も含めて)

マクロスFコンサートは当然のごとく落選しました

  • 2008-10-13 (月)
  • 2008

アイアンマンとぽにょをみてきましたー

  • 2008-10-01 (水)
  • 2008

 アイアンマンかっこよかったー。
 ぽにょかわいかったー。
 …もうちょっとくわしく(^^;)
 アイアンマン。
 ストーリーは王道なのでブレはないっす。ただ王道は先を読みやすく飽きやすいので演出がキモになりますが、そこが悪く無かったです。演出の内訳は、アイアンマンの素晴らしい映像と小意気な主人公のトーク、でしょうか。
 で、まぁ何が目玉かってーと、やっぱりアイアンマンです。あのー、やっぱり「すごく”本当に動く”ように見えて細部が作りこまれてるメカ(ロボ)ってそれだけでときめく」法則にメロメロです。(そんな法則はねぇ)デザインは基本的にキビしいんですが、むしろあのデザインを良くここまで持ってきた!って感じにカッコイイです。やっぱ素材感かな!とことん金属してて、ダメージを受けたらキッチリ削れてたり塗料がはげてたりする、しかもそれがリアルっぽいのが良い。
 まぁ、基本的に何も考えず少しのギャグとアイアンマンのかっこよさにしびれるが吉、という良作でした。あ、ちなみにエロス分は基本zeroです。(ヒロインがあれだしなぁ…)
 ぽにょ。
 メッセージとかなんとかの考える系の成分はほっといて、とにかく絵本とか童話の楽しい部分を煮詰めて凝縮したような作品でした。そしてとにかくぽにょがかわいい!
 あのー、そう言うと幼女形態に注目しての発言かと思われる向きが主立つかとは思うんですが、違うんです。むしろ魚~半魚人形態がかわいい!いや、やっぱ魚形態が一番かわいいかな!!!wwwあのおなかをなでなでしてぇ~!ハァハァ(;´Д`)←あれ?反応が…
 うん、実際それ以外に言及するところは…。あ、声は俳優・女優さんですが、ここはもうあきらめ所でしょう。所ジョージだけはちょっと許せない気がしますが…。あと絵がきれい!単純に。特に今日見たのは新宿バルト9でのDLP上映だったので、ひっっじょー~に堪能させていただきました。いやー、全くノイズが無くて解像度が高くてなー。ほんと余すところ無く手書きの妙を堪能することが出来ました。またアナログ志向なんですよね、本作は。
 あ、最後に。エンドクレジットには驚きました。すげーなー、ジブリだからこそ、だなーと。でも本来あーいう精神だよね?と思いました。
 まぁなんにしろ、どちらも楽しかったです。非常に有意義な映画デー(1日)でした。

実験結果

  • 2008-09-29 (月)
  • 2008

 えー、昨日の書き込み。をした事は憶えてるんですが、その前後に何をしていたかが、時間がたてばたつほどあやふやに(笑)。F1もよくおぼえてねーし。
 けどこれ、例えばF1なら、そのF1をもー一回見れば、ああこれ見てた見てたって思い出せるんですよね。完全に記憶がない、って訳でもない。不思議ー。
 そして「書き込みをした」っていうように、”キーワード”を設定しとけばそこは憶えていられるらしい、という不思議。
 以上、実験結果でしたー。
 時に、ラジオの影響でQMAに興味が出てきました。今日ゲーセンで試しに(専用カードは作らず)プレイしてみたんですが、「ロボットアニメ」ジャンルの検定をやってみて、けっこー出来た。明日はカードこしらえてちょこっと本格的にプレイしてみよーかなー。
 ではー。

実験

  • 2008-09-28 (日)
  • 2008

 えー、今私は結構酒が入っている状態です。今の自分としては記憶がしっかりしていると思えています。けど明日になると今のことを憶えていない気がするよーな状態です。そこで実験です。果たしてこの書き込みを後で見返したとき憶えているだろーか、と。
 ちなみに、直近だとF1のナイトレースで今クラッシュが起きたとこです。あと先売りのアワーズで「惑星のさみだれ」を読み終わって、やっぱおもしれーなー、と思ってるところです。
 さて、明日以降の自分は今日のこのときを覚えていられるでしょうか。乞うご期待(笑)。

今日の戦利品~

  • 2008-09-28 (日)
  • 2008

080928_senrihinn.jpg
 アワーズは早売り。その他はそれなり、だが…。
 なんといっても「弱虫ペダル」!!!
 ちょーおもしろい!
 あれだ、例えばプラモ狂四郎を読めばプラモが作りたくなるように、「弱虫ペダル」は読むと自転車をこぎたくなる!
 もともと私自身自転車大好きだし、学生のころはそりゃーもー自転車で遠近走り回ってヲタポイント作りに精を出してましたから、感情移入もはなはだしい訳ですが!それだけではない面白さだと信じたい!!
 第1巻ではまだ主人公装備がママチャリのままなのでどーかなーと思ってたんだけど、すげー面白い!
 絵はもともとこなれてるし、ストーリーの構成が巧み!ヲタを邁進する主人公、かたや秘められた自転車力(?)があらわになる展開、と思えばかわいい同級生の(しかも自転車ヲタの)女の子が主人公をカッコイイといってみたりしつつ、ニヒルでクールでイケメンだが実直なライバルがダメ主人公に挑むという燃える展開!もー最っっっ高!!!
 試しにと池袋で1巻かって帰り際読んでたんですが、一気に読んじゃって、最寄り駅の一駅前で急遽降車して本屋で2巻を購入したくらいには面白い漫画でした。ていうか2巻はこれから読みます。たーのーしーみー!!!
 あとまぁそれぞれ言いたい事もあるんですが…軽く触っとくか?
 コミックリュウ、まだちょろっとしか読んでないけどルーンマスカー連載再開とか。嘘だっ!!!前もそんな見出しを見た覚えがあるぞっ!!!(笑)
 エロマンガ。自分的には既存のラインで新規開拓精神が薄いのが気になりますが、しょうがない。リビドーだもの。けど井ノ本リカ子さんはファン買いで、町田ひらくさんは…なんというか、くやしいっ!でも興奮しちゃうっっ!!みたいな(やめろ)。
 モノノ怪。もう画力買い。マンガ力については…普通。画力が凄すぎるので相対的にどーしても評価が厳しくなってしまう。
 禁書目録は時間がほどよくたって記憶が薄れてきたので買い、神様ドォルズは続き物買い、オニデレは途中から追い出したのでなれ初めに注目しつつ買い。
 じゃあ今から戦利品を肴に酒宴です!久しぶりに自作の飯が食えるー!
 ではー!

追記

080928_senrihinn_ps_beer.jpg
 今日店頭でギネス見てたら、エビスビールとギネスでハーフ&ハーフをしよう!っつーキャンペーンパッケージを見つけまして、購入。んで説明にしたがってやった結果がコレです。けどこの写真の組み合わせは「ビットブルガー」と「MURPHY Irish Stout」なんですけど、エビスとギネスでも同じ感じでした。
 味は…なんつーか、まろやか…?になるような?というか黒のスッキリ苦味感がラガーの無味感によって中和される、みたいな。
 いや、最初はエビスとギネスで試してそーなったんですが、だったらもーちょっとまろみをだしたらどーなるかなー?と思って前述の組み合わせにしてみたんですが。でもあんまり変わらないかも?双方の固有の味がぼけるので、個人的には「遊び」用の技術、ってとこでしょーか。でも見た目、キッチリ上下で黒黄色分かれてるのはみてて楽しいです(^^)。

IBMのタワー型を購入~

  • 2008-09-28 (日)
  • 2008

080927_ibm.jpg
 型は「8195-KJG」、「ThinkCentre A50p」のシリーズのようです。
 はぁ、IBMのデザインはかっこいいなあ~(^^)
 そもそも実験用のPCがほしいなーと思ってアキバに行って、K/Bとか無くていいからふつーの5インチベイ光学ドライブ(DVD読込可)を積んでてメンテナンス性が確保できる奴(=タワー型、notスリムタイプ)を探してまして。あ、あと予算的には1万円まで。
 んでちょろちょろ~っと見て回って、んーやっぱ1万円前後かー?と思いつつ、ふとじゃんぱらに入ったらこのPCが鎮座ましましてたわけですよ。お値段なんと5480円!P4の3GhzでちゃんとHDDもついてるし動作確認もいちおーしてある奴だよ?安くね?!という訳でそっこーゲット。
 いやー、ちょっと妙に安すぎる気がするけど、おそらく本体のみで付属品全なしってのがじゃんぱら査定的に大きく響いたんだろ、という可能性で推しております。(PCに幽霊物件は無いだろうしね(笑)。)
 手で持って帰ったので重くて苦労したけど、いい買い物したわー~(^^)。明日は掃除と動作確認やって、遊びの準備をしよーっと。

昨日のチルドレン、良かったなあ

  • 2008-09-23 (火)
  • 2008

 昨日は、胎児の赤ちゃんが超能力を持っていてチルドレンの力と干渉し超能力が使えずピンチになる、というお話。原作だと第1巻の第2話です。
 んでどこが良かったかというと、結構シリアス方向に話が振られていた点。
 TVA版は、(体裁のためか)とにかく能天気といっていいくらい明るい調子オンリーで演出されてきたんですが、実際原作は明るいだけじゃなく、深刻な場面もバランスよく取り入れているんですよね。こう、きちんと自分でツッコミ所を潰してくれてて、そこがこの作品の良さだと思うんですが、TVA版にはそれが無かった。所に、昨日の回です。やっぱり1本調子じゃいかんですよねー?!!!(^^)と大賛同した回でした。
 まず、赤ちゃんを授かった両親が、赤ちゃんの誕生を心待ちにしているところに、検査の結果自分の子供がエスパーである事を知って悩み始める、という出だし。勿論重さは軽めですが、ほんのりシリアスな香りがします。平行して、ふとしたきっかけで自分たちが望まれて生まれてきたのかと不安になるチルドレン、しかしそれを真っ向から否定し存在を肯定する皆本。そんな中事故がおき、チルドレンはその現場にいる赤ちゃんを救出に。しかし両親が自分の誕生に不安を抱いていることを察知した赤ちゃんが超能力を発生させ、チルドレンの力に干渉。自力での脱出が不可能に。
 ここで、原作はチルドレンの力技で事件解決するんですが、TVAでは周りの大人が力を集め、チルドレンを助けるという展開に。そしてチルドレンも皆本を信じよう、と現場を能力で維持しつつ救出を待ちます。
 そして、ここでやれなきゃなんの為の大人だよ!とばかりに、精一杯の力で大人はチルドレンを救出。(ただし、チルドレンがその力で事故現場を維持している事が前提の、いわばチルドレンを信じた上での作戦。まぁこの辺りはちょっとチルドレン頼りすぎじゃね?と思わないでもない演出でしたが、無事救出されたり。)
 最後は大人がチルドレンを助け、赤ちゃんとお母さんはチルドレンに助けられ、というすがすがしい相互扶助で幕を閉じました。
 でもチルドレンに兵部少佐が少し手を貸してた、ってあたりがちょい憎い演出(^^)ノーマル(理想)だけじゃ救えないこともあるんだよ、とね。
 自分の存在意義や周囲との軋轢に不安を感じつつ、それでも、少しずつでも前へ進めるんだ、という「チルドレン」の根幹に触れたお話。なんつってもちょいシリアスめな演出が普段の回との差になって、この回を際立たせています。
 やっぱたまにはこーいうマジメなのもやらないとね!明るいばっかなだけじゃあね!(^^) とかなり満足な回でした。

早朝のアキバ

  • 2008-09-14 (日)
  • 2008

080914_akiba_1_ekimae.jpg
080914_akiba_2_sega.jpg
080914_akiba_3_ishimaru.jpg
 夜勤明けで早朝のアキバに。
 こう、いつもニギニギしい場所が閑散としてる姿って惹かれますよねー(^^)。って私だけですかね?
 天気や明るさとかからは早朝かどうか分かりづらいけど、閉じたシャッターや閑散加減から分かるかな?
 なーんかこのまま街が目覚め始めるまでぼーっとしてたかったけど、目覚めを待ったところでその後何が出来るって訳でもない(金がない)ので帰りました(^^;)。
 んで今までずーっと起きてたんですが、時々オチそうに…。もう少し粘って、酒飲んで爆睡!しようかなー。

これから「RD潜脳調査室」

  • 2008-09-10 (水)
  • 2008

です。
 なんだろう。ドラマ性は中途半端だし、キャラはキャラ原案忠実再現で太ましいしで、一見すると中毒性は低めなんですがなぜかチェック度はトップレベルです。
 OPとEDは大好きです。あとは…設定か!主役のハルさんが若返ってヒロインのみなもとくっつく未来を妄想して楽しんでます。

ホーム > Diary > 2008

発売 / イベント カレンダー:12/09/17版
最近のお気に入り / オススメ
  • BOOK:12/08/15版
    • (AA)
  • アニメ:12/08/20版
  • 3D:12/08/15版

Return to page top