Home > Bicycle > OCR3(08’)

OCR3(08’) Archive

ハンドル&ステム交換(May/2009)(2):サドル-ハンドル長(1):適切な長さの求め方

※この記事では、先日私が行った「ハンドル&ステム交換」についてのレポートを掲載しています。ただしレポートは分割して掲載されているので、まとめて読みたい方はカテゴリーページ「C/T:Bicycle:OCR3(08’)」をご覧下さい。(「ハンドル&ステム交換(May/2009)(xx):~」というタイトルになっています。)
 ハンドルの前後位置の調節は、主にステムの長さを変える事で行います。しかしステムにはその長さを調節するような機能は無いので、長さを調節したい場合は新しいステムを買って交換しなければいけせん。うわー本当ですか、と当時はびっくりというか”信じられない”ってくらいの衝撃でした。ていうか今もってちょっと納得のいかない感じがします(^^;)。(ステム長ってかなり重要な箇所なので。実際最適値を出すために複数購入している方も多いようです。)
 けどステムも安くはありません、良い物は勿論高いですし、ボリュームゾーンは5000~8000円前後、安くても2000円からという値段です。ですからステムを購入する際は、出来るだけ正確な「ステム長」を前もって計算しておきたい所なのです。
 さて、そこで色々なサイトの記事や本を見て最適と思われるステム長の計算方法を探したんですが、セオリーになるようなステム長の計算方法は結局見つかりませんでした。
 ちなみに参考として「自転車探検!:自転車合わせ(バイクフィット):コクピット長」というページがありましたが、そこではサドル-ハンドル長(そのサイトでは「コクピット長」とされている)について「自分の乗車姿勢に合うものを購入する」とされていました。
 しかし、ソースは憶えていませんがどこかで「『BB-サドル(B-S)』より『サドル-ハンドル(S-H)』間は3cm短い」みたいな記事を見かけた憶えがあったので、今回はとりあえずそれを参考にしてみたいと思います。
 実際に計ってみると、S-HはB-Sより結構長かったので、思い切って最も短いステムを購入する事にしました。(商品の選定のし方など、詳細は後の記事にてお話します。)
 これでステムは決まりましたが、実はハンドルの前後位置を決めるのはステムだけではありません。ハンドルそのものにも「突き出し(リーチ)」という寸法箇所があり、これもモノによって前後します。よってハンドルの前後位置を調節するには、ハンドルのサイズも考えなければいけません。
 とはいえ、ハンドルのリーチについてはおおむね「ショートリーチ」か「普通のリーチ」の2つに大別されます。よって今回は「ショートリーチ」にしぼって製品を選定していく事にしました。(これについても後の記事にて詳細をお話します。)

ハンドル&ステム交換(May/2009)(1):ハンドルとステムを交換する理由:ハンドルが遠い

※この記事では、先日私が行った「ハンドル&ステム交換」についてのレポートを掲載しています。ただしレポートは分割して掲載されているので、まとめて読みたい方はカテゴリーページ「C/T:Bicycle:OCR3(08’)」をご覧下さい。(「ハンドル&ステム交換(May/2009)(xx):~」というタイトルになっています。)
 乗り始めた当初から感じていたことではあるんですが、約半年乗りこんで、フォームもとりあえず叩き台のようなものが出来てきて、それでも「ハンドルが遠い!」と感じるので、いよいよステム&ハンドルを交換しようと思い立ちました。
 こう、ブラケットをきちんと握ろうとするとどうしても重心が前にいってしまって、「腰を立てて」「サドルに重心を置いて」ペダリングすることが出来ないんですよ。で改めて腰を立てて、サドルに重心を置こうとすると、手がブラケット位置から離れてドロップハンドルの肩部分とか掴んでたり。
 熟達していくと「サドルにかかる重心はそのままにハンドル位置は段々遠くなっていく」という話を方々の書物で確認していたため、この半年様子を見ていたんですが、ダメ。全然ダメ。半年たっても”伸びる”兆候が感じられなかったので、これはもういいだろと。フォームが出来てない云々以前の問題だろと。
 で、ついにハードによる調整をはかる事に致した次第です。今までのキャリアやフェンダーのような「追加装備」ではなく、自転車本体のパーツの交換です!ドキドキするわー(^^)。

チェーンの洗浄と”08’OCR3 Ver.081207″

チェーンの洗浄

 チェーンの洗浄は、昔はチェーンを外して灯油でジャブジャブ洗ったりしてたらしいですけど、最近では専用のツールが登場してそれがスタンダードになりつつあるっぽいです。そしてその1つがこれ。
081207_B_Mente_1.jpg
 購入しました!パークツール「CM-5」。意外とデカい!びっくりした。
 この中にディグリーザー(油落としの洗浄剤)を入れてチェーンをセットし、チェーンをぐるぐる回して中のブラシでガシガシ磨く。詳細は下記参照。

 で、洗浄前。
081207_B_Mente_2.jpg
 ほんの1ヶ月、しかも毎日乗ってたわけでもないのにこれ。(ウェット系の潤滑剤が最初ついてたのかもしれません。ウェット系だと滑らかさは長持ちするけど汚れが付着しやすい。)
 そして洗浄後。
081207_B_Mente_3.jpg
 どーっすか!
 上記参考サイトでもすげーキレイになってましたけど、ほんとにキレイになるんですね!めっちゃビックリしました。そして先日購入した潤滑剤を吹きつけ、余分をふき取ったらチェーンの洗浄メンテナンスは完了!

08’OCR3 Ver.081207

 ボトルケージ(ドリンクボトルを車体に取り付けられるようにするパーツ)購入、あと先日のパーツ購入にあわせてサイドバッグを購入してたんですがそれを付けた写真を撮ってなかったので、ここでご開帳。
081207_B_All_1.jpg
081207_B_All_2.jpg
 ボトルケージはTOPEAKの「モジュラーケージex」。プラスチック製で、ダイヤルでケージのサイズを調節することが出来、ショートのアルミ缶から市販のペットボトル、自転車用のドリンクボトルまで対応できるという優れものです。実際使ってみて非常に良い感じでした。重量も悪くないし。

サイドバッグ

 サイドバッグは「Konnix」という台湾のアクセサリーメーカーの「ST-950-P」。

 ワイズロードの店頭で見つけて一目ぼれ。なんといっても安い!4725円!他メーカーだと大体6,7000円~くらいですもんね。しかも防水仕様!ラッキングのシステムも着脱が容易な設計(ばね仕掛けのつめでリアキャリアの上部フレームをつかみ、バッグ下部の引っかけ棒をリアキャリアの支柱に引っかけて固定)。容量も結構あります。
 まずは1個購入して片方だけかけてますが、非常に満足しています!着脱は容易なくせに走行中のブレは全然感じられないし、生地はしっかりしてて安心感があります。
 要望もあるにはありますが、この値段ならそれは無理というもので、総合的にとてもよく出来た製品だと思います。
 ちなみに、要望その1「ポケットが欲しい」。基本的に収納に関する機能が皆無(ふたを開けたら中はガバーッとからっぽなただの「袋」状態)なので、例えば携帯用メンテナンス用品各種を収めるポケットとか、すぐ使う品物(食料や衣類、各種パーツなど)を収めたりが出来ず不便です。
 要望2。背中が硬く、持ち歩く際に足に当たると痛くて不便。自転車に搭載する都合上こーいうバッグは基本的に背中(車体に当たる側)に硬い板1枚はってホイールにバッグが触れないようにしてるんですが、そのせいでバッグを車体から取り外して持ち歩く際(取っ手は手提げ用のが1つだけ)、その板が足に当たったりして痛い。(背中側を外側に向ければ足に当たるのは表側のやわらかい生地側になりますが、カッコ悪いので避けたい。)(あとバッグが自然と斜めに傾くようなバランスの位置に取っ手が付いてるのも良くなかったりします。傾かなければ多少は足に当たらずに済むかも。)
 要望3。肩掛けが出来るような仕掛けもバンドも用意されてない。持ち方が「手提げ」のみの1WAYなバッグなんですよね。せめて肩掛け出来れば(背中の板が当たるというのも含め)大分違うと思うんですけどねー。

リアキャリア+サイドバッグの可搬性

 可搬性についても検証しました。バッグにパンパンに荷物を入れ、かつキャリアに米袋(5kg)を搭載しましたが、走ってる最中はバカみたいに重さを感じず感動した(上りの坂道は別)。やっぱり荷物は自転車に持たせるのが「吉」!だと確信しました。積載重量についてはまだ結構イケそうな気がします。
 ただ前述の状態でサイドスタンドで停車させようとすると、車体が支えきれず傾いて倒れそうになった(笑)。サイドバッグを左右に積んで荷物を均等に振り分ければ回避できる気がしますが、サイドスタンドがみしみし言って車体が傾いたときはびびったわー。

フェンダー(泥除け)

 あ、あとフェンダーについて一言。ワタシが購入したのはゴム製のベルトで車体に固定するタイプのフェンダー(Dixnaのフェンダー)だったんですが、これが存外くせもの。かなりちゃんとセッティング(位置決め)しないと、タイヤにさわってキュリキュリ言います。しかも恒常的にフェンダーに触れてしまう機会が多く、その度に位置がズレたりする。これがかなり面倒。
 タイヤと車体の間にフェンダーが入る隙間が(ほとんど)無いので今回この簡易型フェンダーを選択したんですが、付けられなくてもいいから1度ダボ固定式のフルフェンダーを試してみたくなりました。金に余裕が出来たら是非トライしてみたいです。

装備後の車体重量、とまとめ

 重くなりました。乗ってるときはさほど感じませんが、車体を担ぐなり手で持ち上げるなりすると、以前と比べて格段に「ズシッ」と来ます。前は軽々と車体を持ち上げる事ができて、重さが気になったことは無かったんですがー(TT)。でもその大部分であろう「キャリア」は絶対必須の装備なので、これはもう納得ずくであります。
 以上、の状態で土曜日はアキバに行っておりました。これからもこの状態がデフォになると思います。もしアキバや池袋などの都心でコレをみかけたらほぼ間違いなくワタシです。その際はお声掛けいただけると喜びますw。

今後の予定

 さて、今後のバージョンアップ予定はー。
 大物は基本的に終わったので、しばらくは小物になるかと。さしあたってはワイヤー錠を車体に取り付けられるようにするアダプターを購入予定。ただいま取り寄せ可否確認を依頼中。価格も安いので、取り寄せ可能なら速攻入手したい。いちいち鍵をバッグから取り出すのが予想外に面倒なのじゃよー!
 ではー。
※追記。結局自転車記事の所属カテゴリは日記からコラムに統一しました。

まずはキャリーと雨対策、そしてメンテ用品

 届いたー!
081203_B_Ver1_1.jpg
 内訳は以下のとおり。

  • タイオガ リアキャリア「CAR044」(カラー:ブラック)
  • dixna クラウドリフト-ロード用フェンダー前後セット(カラー:ブラック)
  • キャットアイ TL-LD130-R 後用
  • ビットリア ウルトラライトブチルチューブ 仏式 ロングバルブ51mm(サイズ:700×25~28c)
  • TOPEAK ロードモーフゲージ付「PPF040」[TRP-3G] 仏/米対応
  • あさひ オリジナルサイドディスプレイスタンド 業務用・高剛性(カラー:ブラック)
  • パークツール TL-1 タイヤレバー3本セット
  • パークツール VP-1 パンク修理キット
  • シマノ デュラエースグリス チューブ入り 100g
  • フィニッシュライン シトラスバイオソルベント-ディグリーザー「TOS016」 アルミ缶(サイズ:20oz/600ml)
  • フィニッシュライン テフロンプラス・ドライ潤滑剤「TOS013」(サイズ:8oz/235ml)

 リアキャリアを搭載してフェンダー(泥除け)を装備し、テールライトを着装。
 あとはメンテナンス用品として、携帯用ポンプ(ゲージつき)、パンク修理関係、ケミカル(グリス、油落とし(ディグリーザー)、潤滑剤)、メンテナンススタンド、を購入。
 そして装備完了した姿がこれだ!
081203_B_Ver1_2.jpg
081203_B_Ver1_3.jpg
 いやー。キャリア、フェンダーとも付くかどうか確信がもてなかったのでかなりドキドキだったんですが、無事付きましたー!
 あとハンドルバーの角度を上げたりもしてみたんで、今後の長距離ライディングで試してみたい。
 ではー。

遂に買いましたー!!!

081031_bicycle.jpg
 ロードローラーだレーサー!!!!
 アメリカ台湾(←08/12/15:修正。恥ずかしいー!)の超メジャーメーカー、GIANTの「OCR3」。

 定価78750円が63000円になっている(スポーツバイクは通常値引きがなく(その分が工賃になる)、安くなるのは型落ちか通販くらい、というものらしい。そしてこれは2008年モデルで、型落ち。)のを見つけ、本日購入し、その足で(漕いで)お持ち帰りしましたw。
 いやー、ラッキーだったと思います。今はちょうどモデルチェンジの端境期らしく、どこいっても在庫が無い無い。どーしよーかなーとふらふら探してて、だめもとで近場のお店を覗いてみたらあるわあるわ。5~7万の狙いどころの在庫がツブぞろい!店員の方ともフィーリングが合ったし、まさに灯台下暗しでした。(ちなみにお店は「セオサイクル」というお店です。)
 しかも予算範囲(5~7万)内のロードが!まぁメジャー所という点には目をつぶります(←ちょっと外したかった)。デザインかっこいいし。
 けどこれ唯一残ってた展示車で、サイズが1つしかない。かつ私の身長に対してギリギリなのが気になるっちゃー気になりますが、話を聞いてみても乗れないわけではなさそう。実際軽く乗せてもらっても大きな問題は感じなかったので、思い切って購入しちゃいました!現金一括!各種パーツ(スタンド、ライト、ワイヤー錠)コミで約7万ぴったし!(どかーんと自分予算が吹っ飛びました。正直予算オーバー気味(^^;)。)
 ひゃっほー!!!長年の夢だったスポーツバイクだ!しかもこれまた憧れだったドロップハンドル!もー感無量です。
 特にドロップハンドル(ロードレーサー)の入手に関しては、行く先々でクロスバイク(フラットハンドル)を勧められていたため、買いたいのに買っちゃダメって言われてるような気になって、へこんでたんですよ。でもセオではそんな事も言われず、気持ちよく買い物が出来ました。
 この価格帯のロードについて聞くと、他ではよく「壊れますよ」みたいなニュアンスの意見を聞いていたんですが、私自身は「そんなに簡単に壊れるものなの?」と、どーしても納得できなくて。で、セオではふつーに使ってたら壊れません、とハッキリ言ってもらえまして。安心しました。
 ちなみに壊れるっていうのは、スポーツとしてかなり本気でヤル場合の話であって、そーいう場合は物凄い力が自転車にかかるのでそーいったことも起きるんですよ、との事でした。なるほどです。単純に使い方による、わけですね。(だから私でも使い方によってはやっぱりそーいうことが起きる可能性がある、と。)
 んでかるーく一駅分の距離の間をふらふら立ち寄りながら自転車で走って帰ってきたんですが。疲れた!走ってる最中はなんとも無いんだけど、降りるととたんに疲労が!家についたころには正直足がかくかくしてました。
 自転車ってこんなに力のいるモンだったっけー。
 でも楽しい!めっちゃ楽しい!もっと走りたい!
 てなわけで、とりあえず明日は都心部まで自転車で行ってみたい所存…。大丈夫かな~(^^;)
 多分日記でご報告します!ではー~!!!(^^)ノシ

ホーム > Bicycle > OCR3(08’)

発売 / イベント カレンダー:12/09/17版
最近のお気に入り / オススメ
  • BOOK:12/08/15版
    • (AA)
  • アニメ:12/08/20版
  • 3D:12/08/15版

Return to page top