Home > Common > 自転車用携帯ホルダー「BICYCLE PHONE HOLDER(S2121W-i)」改造記録

自転車用携帯ホルダー「BICYCLE PHONE HOLDER(S2121W-i)」改造記録

  • 2009-12-30 (水) 23:31
  • Common

 えー、この記事のテーマは

  • (1)携帯を自転車に固定する方法、パーツの紹介
  • (2)いざ携帯を自転車に固定するためのパーツ『自転車ケイタイホルダー』を買ったけど、クランプ経が小さくてハンドルバーに取り付け出来なかったので改造しました。同じように困っちゃった人とかの参考になればと思い、詳しい改造方法を記録し、解説します

というものです。
 では、以下本文です。
※以下長いので追記に収納。
(追記:10/3/2 22:30)
 携帯ホルダーが脱落したー!!!
 詳細は下記記事を参照のこと。

自転車にGPSナビを付けたい

 前々から「自転車にGPSナビ的なものつけたらコースとか気にせず自由に走れていいだろうなー」と思ってたんですが、ふと検索してみたら「携帯でいけんじゃね?」って記事を見つけまして。

 で、とりあえず手持ちの携帯「au W62S」をテープで自転車に固定して走ってみたところ、思いのほか使える!という事がわかりました。ならば次はいよいよ携帯を自転車に固定できるようにするか!と物色を開始。

自転車に携帯を取り付けられるデバイス(ホルダー)の選定

 自転車に携帯を固定できるデバイスを探し、下記のような商品をみつくろってみました。

 上から順に。
 実績があるというか世間的に有力なのは「RAM」のマウントシリーズのようですが、高い!
 次に、最近自転車系で面白いツールを出してるサンワにも(いつのまにか)携帯ホルダーがありましたが、こちらベースのバークランプ部分がバンドタイプで、携帯の重さに対してちょっと締め付けが弱くて固定力に不安がある、という点やカスタマーレビューの評判がイマイチだったので却下。
 最後に残ったのが「BICYCLE PHONE HOLDER」。色んな所で売ってるようですが、サンコーレアモノショップが一番安いようです。980円なら万が一アレでもあきらめが付くだろう、と言う事で仮決定。で、アキバの実店舗で実物が見れるかと思い、行ってみました。

自転車ケイタイホルダー、ハンドルバーに取り付けできず

 アキバのサンコーレアモノショップには同系列の他のタイプが豊富に揃っており、しかも全てのタイプのサンプルが触れる状態で用意されていました。ちなみに他のタイプというのは、バイクとか車用で、自転車用は1種類だけでした。
 で、実物を見て、実際に携帯をはめてみて、しっかり固定出来そうだというのを確認。あと念のためバーに取り付けるクランプ部分の直径を確認し、イケそう…と思って購入したんですがこれが大間違い。全然経が足りねーんでやんの!
 ※なお私のハンドルバーはオーバーサイズ(31.8mm)ではありません、一般的な26mmです。つまり一般的なスポーツバイクのハンドルバーには基本的に取り付け不可です。
 買ってすぐ自転車に取り付けようとしたんですが、どうしてもハマらない。もしやサンプルの仕様が古くなってて、現在流通している商品の仕様(クランプ経)が変更されたんじゃ?と思って急いで店に戻って経を確認すると、おんなじでした。がーん。交換も返品も出来ない…。俺のミスか…。
 まぁ安いものだし、こーいう事もあるかとは思ってましたが…。しかし悔しいので、なんとか出来ないかとぐりぐり見回したところ、もしかしてなんとか出来るかも…!という光明を見出したため、帰りの道すがら別途お買い物をしつつ、帰宅いたしました。

閑話休題 ~ 自転車ケイタイホルダーの詳細と、改造以外の道

 各お店での表示商品名は概ね「自転車ケイタイホルダー」のようですが、箱の表記を確認すると、正式名称は「FLY社(?)」の「BICYCLE PHONE HOLDER 『S2121W-i』」というようです。しかしながら、公式サイトは見つけられませんでした。FLYという名前も、そもそも会社名なのかブランド名なのかも分かりません。(ただ生産地については「maid in china」の表示があるし、ネットで検索すると中国圏のヒット率が高いので、そこら辺の商品だとは思いますが。)
 ちなみにこの商品、本来は自転車用だけでも6つのタイプがあるらしく、箱の横に各タイプの写真がのっています。ベースは共通で、デバイスをホールドする部分にバリエーションが存在するようです。といっても写真を見る限り仕様上の大きな違いはありませんので、バリエーションが選べなくてもそう気にする必要はないかと思います。
 あとホルダーを改造しなくても、ハンドルバー取り付けスペース増設用のアイテム(参考:Minoura:SG-100N)をつければ、そのまま取り付けられると思います。値段も1000円前後(参考:サイクルベースあさひ)なので、改造はちょっと…という人や、いっそのことスペース増設したい!という人は、そっちを選択するのも良いかと思います。

レッツ改造! ~ の前に、改造に必要なもの

091229_bicycle_holder_1a_pack1.jpg ゴムシートとネジを購入(写真には”3mmx25mm”と”5mmx25mm”がありますが、最低限必要なのは3mmのネジだけ。5mmのネジは、デフォルトで付いてるクランプ用のツマミ付きネジを普通のネジに交換するタメに入手しました)。
 値段は、ゴムが1mm厚のロールで278円、ネジは(各)100円。(なお、実はネジの長さは20mmで間に合いました。迷ったんですけどねー、買う時。短いとどーにもならないと思って25mmにしました。皆様がお買いになる時は20mmでいいと思います。あ、ハンドルバーがオーバーサイズの場合は25mmで丁度いいかも。)
091229_bicycle_holder_2i_kougu.jpg あと工具。ピンバイス(穴あけ機具)とカットソー(ノコギリみたいな奴)とナイフ。全部プラモ用。要は「プラスチックに」「穴を開ける」「切る」「削る」、が出来る道具が必要、という事で。

自転車ケイタイホルダーの部品構成

091229_bicycle_holder_1a_pack2.jpg クランプ部分と携帯ホールド部分に、クランプ部分の厚み調節用ゴムシートが付属。

改造開始 ~ 穴をあけましょう

 さて、いよいよ改造開始ですが、どう改造するかというと「簡易蝶番のようになっているクランプの蝶番部分に穴をあけ、両側ともネジでクランプ(挟みこみ)出来るようにする。」です。
091229_bicycle_holder_2a_bara.jpg クランプ部分をバラします。
091229_bicycle_holder_2b_before.jpg 改造するのはこのパーツ。この写真で見るところの上の部分(簡易蝶番部分)にネジを通す穴をあけます。
091229_bicycle_holder_2c_kiritori.jpg まずは邪魔な蝶番的パーツをカットソーで切り落とします。
091229_bicycle_holder_2d_anaaki.jpg で、ピンバイスで穴をあけます。(私は2mmのドリル刃しか持ってなかったので、ピンバイスで2mmの穴をあけたあと、カッターでグリグリ削って3mmのネジが通るようにしました。)
091229_bicycle_holder_2e_ana2.jpg さあ、ネジを通す穴が出来ました。
091229_bicycle_holder_2f_wassher_kezuri.jpg ネジで挟みこむにあたりワッシャーを噛ませて強度を高めたかったかんですが、ここで蝶番のひっかかり部分が邪魔になる事が判明したので、カッターで削りました。
091229_bicycle_holder_2g_nejitooshikata.jpg よっしゃ、これでワッシャーを噛ませることが出来るようになりました。
091229_bicycle_holder_2h_neji_hantai.jpg あと反対側には、元々手で回せる形の(でかいツマミの付いている)ネジが付いてたんですが、ダサいし邪魔なので、5mmのふつーのネジに交換しました。

いよいよ装着です

091229_bicycle_holder_3a_base.jpg この「NITTO」の部分に取り付けます。
091229_bicycle_holder_3b_gom.jpg クランプの幅に合わせて切ったゴムを噛ませて…。
091229_bicycle_holder_3c_torituke.jpg 装着!
 …でもこれだとネジの余りが指のほう向いてて危ないです!チェンジ!
091229_bicycle_holder_3d_torituke2.jpg 前後逆にしました!これでOKです。
091229_bicycle_holder_3e_torituke2_rear.jpg 後ろから見るとこんな感じ。

携帯ホルダー部分の回転軸ってロックできるんですよ?

091229_bicycle_holder_4a_holder.jpg 携帯ホルダー部分って回転できるようになってるんですが、実はきちんとロック機構もあるんですねー。
091229_bicycle_holder_4b_lock_before.jpg このホルダーの上のスイッチ?の部分を…
091229_bicycle_holder_4c_lock_after.jpg こう押し込むと、回転軸側のパーツに予め設けられた穴(スリット)にスイッチが入ってつっかえ棒になり、回転が固定できるという訳です。
 特に説明書きなどがない部分なので、解説してみました。気づいてなかった人は試してみて下さい(^^)。

さあ、ついに取り付けです!

091229_bicycle_holder_5a_rear_keitai_off.jpg ホント、このクソッタレな写真を入れようなんて考えたのはどこのどいつなのか。(関係ない話)
091229_bicycle_holder_5b_rear_keitai_on.jpg 携帯を装着した状態。高い、近い、でかい。
091229_bicycle_holder_5c_rear_keitai_on2.jpg もちっと正面から。高い、近い、でかい。
091229_bicycle_holder_6a_front_off.jpg 前から見た図。携帯ホルダー部分を抜き取った状態です。普段はこの状態かなー。
091229_bicycle_holder_6b_front_holder_on.jpg 携帯ホルダーを取り付けた状態。やっぱりデカい。
091229_bicycle_holder_6c_front_keitai_on2.jpg こんなに高さがあるわけですよ。
091229_bicycle_holder_6c_front_keitai_on.jpg このデカさ、写真では伝わりづらいかもしれませんが、実物をはじめて見たら思ったよりも大きくて驚くんじゃないでしょうか。

まとめ、とテストの結果

 改造について、工具さえ予め持ってるようなら、作業自体は簡単だし必要な部品もネジだけなので、おすすめ出来るかと思います。ネジ式にした方が締め付け力も高くなりますしね。
 でも工具を持ってないと工具代がかかる(100均とかで入手出来ればそれ程でもないでしょうけど)ので、なんだったらハンドルバーエクステンションを購入した方が良いかも。ただし、エクステ付けるとごちゃっとするし、何よりタダでさえ”高さ”のある携帯ホルダーがマスマス高くなっちゃうかもしれないのが難点かな、と。
 という訳で、改造自体は簡単なので、あとは予算とハンドル周りの見た目の好みで、各自にあった方法を選択して頂ければ宜しいかと思います。
 なおテストとして、昨日携帯ホルダー付けた状態で長距離走ってきましたが、「クランプの締め付けが弱くてくるっと回った」とか「穴をあけた部分が壊れた」とか、そーいった不具合もなく無事帰ってくることが出来ました。あ、携帯が脱落したとかもありませんでしたよ。
 ただやっぱり携帯が自転車からの振動とか衝撃とか結構受けちゃってるように感じましたので、スポンジとかの衝撃吸収素材を携帯の下に敷いた方がいいかなー、とは感じました。今度くっつけてみようかと思います。
 以上、自転車用携帯ホルダーの改造記録とテストの感想でしたー。
(追記:10/3/2 22:30)
 携帯ホルダーが脱落したー!!!
 詳細は下記記事を参照のこと。

関連記事:

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > Common > 自転車用携帯ホルダー「BICYCLE PHONE HOLDER(S2121W-i)」改造記録

発売 / イベント カレンダー:12/09/17版
最近のお気に入り / オススメ
  • BOOK:12/08/15版
    • (AA)
  • アニメ:12/08/20版
  • 3D:12/08/15版

Return to page top