Home > AV > 東芝DVDレコーダー「RD-XS43」 HDD&光学ドライブ換装メモ

東芝DVDレコーダー「RD-XS43」 HDD&光学ドライブ換装メモ

  • 2009-03-28 (土) 19:36
  • AV

 一月くらい前の話なんですが、私が持ってるRD-XS43で、HDDのデータにエラーが出てDVDに焼けなくなる、っていう不具合が発生しまして。前からHDDの換装は考えてたんですが、急遽必要に駆られて処置した換装の情報をメモります。(ついでに光学ドライブも変えてます。)

参考サイト

 RD-wikiはHDD、光学ドライブ、両換装情報からRDシリーズ全般の情報が載ってます。超便利。
 2chは換装のレポートを探したいときに便利、つか必要。

パーツリスト

  • HDD:日立GST:HDP725025GLA380
  • SATA→IDE変換:玄人志向:SATAD-IDE
  • 光学ドライブ:ソニーNECオプティアーク:AD-7200A

換装内容

ファームウェア

 RD本体のファームウェアは2009年3月時点の最新Ver.「ZR-16」をインストールしました。

HDD

 SATAの250GBのHDD「HDP725025GLA380」に、玄人志向の変換パーツを差し込んでIDEに変換して接続。
 ただし変換パーツはそのまま付けるとでっぱって筐体に干渉するので、別途SATAの延長ケーブル(Ainex | SAT-3003EX)を間に挟んで筐体内の開いている場所にこそっと転がしてます。
 さらに、変換パーツにも電源コネクタはついてますが、これを使おうとすると(信号と電源の)延長ケーブルが干渉してしまうのでこれは使わず、HDDの電源コネクタから5インチ電源コネクタ変換ケーブルで、直接RDの5インチ電源コネクタに接続します。どうやら変換パーツには電力通さなくても良いらしく、これで動きました。(これでよかった…と思いますが、すでにうろ覚えかつ筐体をあける気力が。もしこれで上手くいかない、って方いたらコメントください、確認します。)
 また変換パーツのミニピン設定は「Master」です。

光学ドライブ

 AD-7200AはRD-Wikiに報告例があったから買ったんですが、接続してRDの電源入れると、RDの起動画面が出た後ずーっと光学ドライブの読み込みをしてしまってその他動作が出来なくなります。で2ch探してたら、どうやらある時期からのAD-7200Aは「メディアを入れっぱなし」にしてないと正常に動作しないらしい。だから本体起動前のみならず、DVDのトレイを閉じてる間は必ず何らかのメディアを入れておかなければいけないようなのです。んで私は常時DVDのブランクメディアを入れてます。
 ちなみに、実はパイオニアの光学ドライブ「DVR-116D」「DVR-112D」も試したんですが、こちらはNGでした。起動後メディアの読み込みが終わらず、ほっておくとエラー。メディア入れっぱなしでも駄目だったと思います(またうろ覚え。訂正等ありましたらコメントでお教えいただけると助かります)。

最後に

 以上、2009年3月時点での換装情報でした。
 その他機種では状況も多少異なるようなので、換装する場合はかならずその時点での最新情報を確認の上作業を行うようにして下さい。
 しかしIDEのHDDがなくなるとはなー!だから今回思い切ってSATAのHDDを使ったんですが、出来てよかったー。wikiでは「報告例がある」としか書かれてなかったし、HDDの型番が違う場合どうなるかも分からなかったのでドキドキだったんですよね。でもこれで今後のメンテナンスにも対応出来そうです。まだまだアナログ録画は使いまくっていくつもりですからねー!!!(笑)
 あと、この記事関連でご質問や訂正、新情報などありましたらお気軽にコメントでお教えいただければ幸いです。
 ではー!

関連記事:

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > AV > 東芝DVDレコーダー「RD-XS43」 HDD&光学ドライブ換装メモ

発売 / イベント カレンダー:12/09/17版
最近のお気に入り / オススメ
  • BOOK:12/08/15版
    • (AA)
  • アニメ:12/08/20版
  • 3D:12/08/15版

Return to page top